スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comment (-) | page top↑

入院してました

101019-1.jpg
モナちゃん、入院していたんです。
病名は『胆のう炎』です。

今はかなり回復していて、本人は元気でピンピンしています。

入院期間は6日間でした。

血液検査の結果、いろいろな数値がかなり悪く、いろいろな病名が疑われ、かなりシリアスな状況でした。

最終的にはっきりしたモナカの病名の『胆のう炎』とは、
胆のうに溜まる胆汁が胆泥といってドロドロになってしまっていたのです。
溜まってしまった胆泥が流れてくれるように、点滴・薬の日々でした。
そして、ほとんどの胆泥が流れてくれました。

炎症の値を示す数字が通常は0~1
それなのにモナカの値は20オーバー
そうとう痛みを感じていたはず。だから震えていたよう。
退院時はまだ12
でも、もう点滴の必要がないので、お薬治療だけだったらお家の方がいいのでは?と、先生が。
そして、6日目に退院させてもらえました。

お家で3日間過ごして病院で再度検査をしてもらったら、
炎症の値がとかなり回復。
まだ痛みは伴っているはずだけど、間違いなく回復しているし、本人も元気にしているのでこのまま様子を見ましょう。
と、先生も笑顔で対応してくれました。

しばらくはお薬な日々だけど、回復してよかったよ。
もう一頑張りね。
ゆっくりゆっくり焦らずにね。

おやつのクッキーやジャーキーはあげられなくなっちゃいました。
でも、お野菜とフルーツはOK!
そう、サツマイモもね。

というわけで、今はいい笑顔も出ていますよ。
関連記事
健康 | comment (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。