スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comment (-) | page top↑

モナカ入院騒動


 

3/21-3/25まで入院しちゃいました。


3/20まではいつも通りの元気なモナカでお休みなさいをしました。

3/21 
朝、ハウスから出てこない。
「ご飯は?」と聞いてもチラリと見るだけ。
そして、血尿。赤ワインのように。たっぷりと。

トイレシートを持って病院へ。
検査入院。

夕方、結果を聞きに行くと。
いろいろな数値が悪い。が、原因不明。
CRP(炎症値=痛み)正常値1未満。20までが測定可能。
モナカは20以上。この数値が3日間続くと危険。
救いは食欲はあること。

そのまま入院。

3/22
熱が39.9度まで上がる。
かなり貧血を起こしている数値が出ている。
血小板が著しく減少。
心臓、腎臓のダメージはない。正常値。
腎盂腎炎の疑いもない。
血尿はない。正常。
 ↓
原因不明。
・免疫系の病気?
・敗血症?(血管の中に血が溜まる)
・DIC?(血栓が溜まる)
・膵炎?(食欲ある。嘔吐下痢なし。尻尾もよく振るので膵炎の可能性は低いけど、数値的には怪しいので膵炎の可能性も捨てきれない)
すべての可能性を考えての検査、抗生剤投与を継続(点滴)

3/23 
膵炎で間違いないという検査結果。
ようやく膵炎の治療に絞ることができる。
(食欲、尻尾を振る元気、面会時の元気、先生も驚く様子)
血小板の数値が戻らない。
血液の濃度もかなり薄い。
輸血することに決定。輸血実行。

3/24
いろいろな数値が快方に向かっている。
引き続き入院治療。

3/25
かなり数値が安定してきたので退院。
ご飯は療法食となる。が、よく食べる。
自宅で内服の抗生剤を続ける。

3/26以降
ほんとに重篤な症状が出て、入院して、退院したばかり?
と、信じられないぐらいに元気。
ご飯もよく食べる。
ヒロくんとも遊ぶ。
甘え度が増す。

4/1
尿検査、血液検査。
すべての数値が正常値になっている。
抗生剤の内服は終了。

というわけで、元気に10歳を迎え、春が近づいて「モナカシーズン到来!!」
と、大喜びしていた矢先に大変なことになっていました。
病院での面会のたびに泣き、先生の説明を受けて泣き、モナカのいない寂しさに泣き、とメソメソしちゃったけど、メソメソしててはいけない。
泣きたいのは入院中の、痛い思いをしているモナカだから。
と、なんとか奮い立たせて暮らしていました。

そうそう、血尿についてははっきりとした診断が下されず、先生も推測の域を出ないのですが…と説明をしてくれました。
たぶんそれはモナカからのSOSだったのかもしれない。
だって、血尿は朝の一度きりだったから。

それにしても、ホッとした。
ほんとにホッとした。
120401.jpg
なんでもないようで幸せな光景。しみじみです。
関連記事
健康 | comment (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。